アミノ酸種類は大きく分けて20種類もある

大まかなアミノ酸は20種類

 

体内で作れるのが非必須アミノ酸(11種類)
体内で作れ無いのが必須アミノ酸(9種類)

私たちの体の維持をするのにアミノ酸というのはとても必要だなということは段々お分かりになってきましたでしょうか。

 

このアミノ酸、種類が多いのですが私たちの体に必要なのは実は20種類です。

 

 

この20種類の中でも11種類は「非必須アミノ酸」という分類になるのですが、
なぜ非必須なのかというとこの11種類の非必須アミノ酸たちは
体の中で作り出すことができるアミノ酸だからなのです。

 

そして残りの9種類のアミノ酸は必須アミノ酸ということになります。
これは私たちの体から作り出すことができないアミノ酸なので
摂取して取り入れないといけないという種類になるのです。
まとめると以下のようになります。

必須アミノ酸

バリン、ロイシン、イソロイシン(よくBCAAといわれているもの)
リジン、ヒスチジン、メチオニン、トリプトファン、スレオニン、フェニルアラニン

 

非必須アミノ酸

アルギニン、アスパラギン酸、アスパラギン、
グリシン、チロシン、グルタミン、グルタミン酸、セリン、
アラニン、プロリン、システィン

必須アミノ酸を毎日の食事から摂取する

アミノ酸というのは毎日必要な成分になりますので、
体で作り出すことができない必須アミノ酸は

 

毎日食事から摂取するしかないということになります。

 

 

必須アミノ酸を欠かさずに食べたいという風に考えているなら食材に気をつけるほうがいいの?
と思いがちですが、この9種類の必須アミノ酸が多く入っている食材を
アミノ酸の種類別に探していくというのも大変です。

 

 

なので必須アミノ酸をバランスよく食べたいという人は

 

アミノ酸スコアが100に近い食品を食べるようにする

 

必要なアミノ酸の一連がバランスよく食べることが出来るという風になります。

 

 

一般的には肉類では鳥のもも肉や牛肉のサーロイン、豚のロース辺りを食べるように心がける、
もしくはたまに魚もローテーションに入れて鮭やイワシ、アジなども
うまく組み込んで食べるようにするという感じで献立を決めるといいでしょう。

 

メインのおかずに使える食材になりますので、今日はとりもも肉でから揚げ、
次の日は鮭のホイル焼き、という風に肉、魚と交互に食べていくといいかもしれません。

 

よく栄養バランスを考えてメインのおかずを肉と魚、交互にしたほうがいいのでは?
という風に取り入れている人も多いと思いますが、
これは知らないうちにアミノ酸を摂取する点から考えても理にかなっていることになるのですね。

 

また、アミノ酸スコアが100の卵ですが、こちらも活用できます。
できれば1日1個は摂りたい食材になります。

 

ですが中にはアレルギーの人、
そして卵の黄身には脂肪分などもありコレステロールが上がりやすくなってしまう人もいるのは事実です。

 

なのでアミノ酸をたくさん摂るという目的で卵をたくさん食べたり飲んだりする人もいますが
体調によって摂取量は注意するようにしたほうが良いということになります。

 

まずはアミノ酸スコアが高い食材を食べるようにして必須アミノ酸の摂取を心がけてみましょう。