美肌を目指すなら肌に必要なアミノ酸の効果を学ぼう

 

美肌を目指すなら肌に必要なアミノ酸の効果を学ぼう

 

アミノ酸は体の中に入ってから

 

たんぱく質になって

 

体の色々な場所で体の一部となって機能してくれています

 

それは筋肉だったり血だったりとさまざまですが、
色々と作られている中に肌もあるのです。

 

肌というとどのような成分で作られているんだろうと思ったりはするでしょうが、
あまり知る機会もないと思います。

 

アミノ酸もこんなところに深く関わっていたのですね。

角質層、表皮、真皮 知っていますか?

美肌を目指すなら肌に必要なアミノ酸の効果を学ぼう
人間の肌は一番上の角質層、つまり一番、目に見えている場所が角質層になるのですが、
この角質層、実は0.01mmしかありません

 

もうちょっとあるものかと思いましたが、かなり一番上の角質層は薄いということになります。

 

この角質層の下にも表皮と呼ばれる皮膚の一部が0.1mmあって、
その下に真皮というのが2mmぐらいある状態です。

 

その下は皮下脂肪なのですが、皮膚の部分は一般的にターオーバー、
つまり代謝をしつつ肌が入れ替わっていくような感じです。

 

内側の皮膚が死んで徐々に上に行って
最後は角質層となって最終的にはがれていくということになります。

 

でも角質層というのは7割ぐらい水分でできている人間の体から水分が逃げないように
保護してくれているという役割もありますのでとてもありがたい存在です。

 

NMFとはナチュラル モイスチャー ファクターの略です

角質層には保水してくれる働きがあるナチュラル モイスチャー ファクターといわれる
天然保湿成分があり、よくNMFと略していわれています。

この肌の保湿にとても重要なNMFですが、
半分ぐらいの割合でアミノ酸が関わっているのです。

また肌のために良く使われる成分としてコラーゲンはよく聞く成分だと思います。

 

良い肌の状態を保つには必要な成分として有名ですが、
このコラーゲンですが、アミノ酸から作られている状態です。

 

コラーゲンのアミノ酸は実に多く、17種類ものアミノ酸から構成されています。

 

一番量が多いのがグリシンでグリシンよりも少ないのですがアラニンやプロリン、
オキシプロリングルタミン酸もやや多く含まれています。
カロリミットファンケル口コミも参考にしてみてください

 

となるとコラーゲンをたくさん摂取すればいいのかとなりがちですが、
コラーゲンというと結構分子が大きくなるのです。

 

どのぐらい分子の大きさが違うかというとアミノ酸の3000倍の大きさがコラーゲンという事になります。

 

また、コラーゲン自体が分子が大きいので思うように吸収されないということを聞いたことがありませんか?

 

もしかしたらそういったことをかんがえるのであれば
アミノ酸を直接摂取したほうが肌にも色々と活用されるのかもしれないということになるでしょう。

 

アミノ酸は美肌に深いかかわりがある

このように考えると肌にとってアミノ酸というのは
かなり関わりが深いものなのだなということがわかると思います。

 

なので問題のないキレイな肌を手に入れたいと思った場合、
アミノ酸というのも深く関わってきているということになるのです。

 

アレルギー性皮膚炎になっている人の皮膚はそうでない人の皮膚よりも
アミノ酸が少ないということもあるようなので、
普段からアミノ酸を摂取することが出来たほうが健康な皮膚を手に入れやすいということになります。